コンテンツへスキップ

用語集

    日本一充実したビットコイン用語集を作りたい!

    River Financial の Bitcoin Glossary をベースに、日本語のビットコイン用語集を構築中です。用語集作りに参加して、ビットコインを稼ぎませんか?

    以下の英語の用語説明を日本語にしてください。忠実な翻訳でなくて構いません。AI翻訳にかけて内容を理解した上で、ご自身の言葉で説明してください。

    日本語の提案はGitHubでプルリクエストとして受付中。プルリクエストがマージされたら、報酬をライトニング⚡️送金します。
    提案手順はこちらの「2. 用語集の用語説明の提案手順」をご参照ください。

    --

    ビットコイン用語集

    索引           英数字

    --

    用語 英語表記 説明 報酬
    ハッシュ関数 Hash Function 暗号ハッシュ関数には多くの種類がありますが、すべての暗号ハッシュ関数に共通するいくつかの重要な性質があります。
    - すべての暗号ハッシュ関数は入力値を受け取り、ハッシュまたはダイジェストと呼ばれる一定の長さの出力値を生成します。この長さは、使用する関数によって変わります。
    - 暗号ハッシュ関数の出力値は決定論的であり、与えられた入力値に対して、出力値は常に全く同じになります。
    - 暗号ハッシュ関数は一方向性関数であり、入力値から出力値は簡単に計算できます。しかし、与えられた出力値から入力値を逆算することはできません。
    - 出力値はランダム予測不可能であり、特定の出力値を得るための入力値を見つけ出すことは非常に困難です。また、一連の入力値とその出力値の関係性は予測不可能です。例えば、100文字の入力値を1文字だけ変更した場合、新しい出力値は古い出力値とは全く異なるものになります。
    このような特性を持つ暗号ハッシュ関数は、ビットコインにとって非常に有用です。ハッシュはランダムで制御できないため、ビットコインのマイニングが公正な競争であることを保証します。公開鍵やアドレスを取得するためのスクリプトをハッシュ化することで、優れたセキュリティ、プライバシー、利便性をユーザーに提供します。また、取引とブロックをハッシュ化することで、取引とブロックの両方に普遍的でユニークなIDが作成できます。そして、Merkle Treesはハッシュを使用して、ブロック内のすべてのトランザクションから信頼性の高い、改ざん不可能なマークルルート値を算出します。これにより、マイニングとブロックの検証が大幅に効率化できます。
    ビットコインには、数種類のハッシュ関数が使用されています。プルーフ・オブ・ウォークの作成にはハッシュ関数SHA-256が使用され、txidの生成にはSHA-256が2回適用されます。公開鍵のハッシュやアドレスの生成には、SHA-256とRIPEMD160のハッシュ関数を組み合わせたhash160関数が使用されています。
    2,100 sats
    ハッシュレート Hash Rate ハッシュレートは、ビットコインネットワーク上で1秒間にどれだけのハッシュが生成されるかを示す指標です。ハッシュはブロックを生成するプルーフオブワークによって作成され、毎秒数十億のハッシュが世界中のマイナーによって作成されます。ハッシュレートは、トランザクションの処理とネットワークの保護にどれだけの資金、エネルギー、演算能力が費やされているかを示しています。
    ハッシュレートは、ビットコインネットワークに対する51%攻撃のコストを示す指標でもあります。51%攻撃を成功させるには、攻撃者はハッシュレートの51%以上を掌握する必要があるため、ハッシュレートが高いほど、攻撃コストも上昇します。
    ビットコイン価格が上昇すると、マイニングの収益性が高まり、新規参入するマイナーも増えます。価格上昇に伴い、ハッシュレートは過去10年間で急増しました。ハッシュレートに影響を及ぼす要因としては、ビットコイン価格の他にも、マイニングを行う地域の天候、法規制、エネルギーの価格と利用可能な量などがあります。
    2,100 sats
    バッチ Batching バッチまたはバッチ処理とは、複数の送金を 1 件のトランザクションにまとめることを指します。ビットコインの送金手数料はトランザクションのデータサイズに基づくため、複数の送金を 1 件にまとめてデータ量を削減することで手数料が抑えられます。
    例えば、アリスがボブに 0.5 BTC、チャーリーに 0.3 BTC、デビッドに 0.2 BTCを送金する場合、1 BTCのインプットに対して、送金先アドレスとおつりアドレスの 2 つのアウトプットを含むトランザクションを 3 件作成するより、3 つの送金先アドレスをアウトプットとする 1 件のトランザクションを作成する方が手数料を節約できます。
    バッチ効果は規模に応じて大きくなります。例えば、取引所は顧客からの 100 件の出庫依頼を処理する際、トランザクションを 100 件作成してもよいですが、100 の送金先アドレスをアウトプットとするトランザクション 1 件作成することも可能です。後者は手数料を大幅に削減できます。
    2,100 sats
    ハードウェアウォレット Hardware Wallet ハードウェアウォレットは、公開鍵と秘密鍵の生成と保存、トランザクションへの署名のみを目的としたデバイスです。ハードウェアウォレットを使えば、安全にビットコインを送受信できます。ハードウェアウォレットはコールドストレージの一種で、秘密鍵をインターネットから切り離されたオフラインの状態で安全に保管することができます。
    ほとんどのハードウェアウォレットは標準規格としてBIP 32 および BIP 39 を実装しているため、階層的決定論的ウォレットとニーモニックフレーズが使用できます。他の形態のウォレットと同様、セキュリティ、プライバシー、信頼性は個々のハードウェアウォレットにより異なります。
    2,100 sats
    ハードキャップ Hard Cap ビットコインの総供給量は、2100 万ビットコインまたは 2100 兆サトシを超えることはありません。ハードキャップのおかげで、ビットコインは絶対的な希少性を有すると同時に、史実が示す法定通貨の宿命であるハイパーインフレーションとは無縁です。 2,100 sats
    ハードフォーク Hard Fork フォークとは、一般的にソフトウェア開発プロジェクトのソースコードに変更を加えることを指します。ビットコインはオープンソースプロジェクト、つまり、誰でも自由にソースコードにアクセスして、ダウンロード、変更が可能です。ハードフォークとは、フォークの中でも特に後方互換性を欠くコンセンサスの変更を意味します。ソースコードを改変して、それまで無効だった動作を有効にすると、後方互換性がなくなります。ハードフォーク実施後もコンセンサスを維持するには、すべてのノードがソフトウェアを更新することが求められます。さもなければ、更新せずに旧バージョンを実行し続けるノードは、ハードフォーク前の旧ルールでは無効とされたトランザクションやブロックを拒否する一方、更新に応じたノードはそれらを承認し、ネットワークとしてコンセンサスに至りません。そのため、ビットコインではハードフォークは何としても避けるべきものとされています。 2,100 sats
    半減期 Halving 半減期とは、約 4 年ごとにビットコインの新規発行量が半分になる事象です。ビットコインの発行スケジュールは、ソースコードに記載されたアルゴリズムによって明確に定義されおり、ブロック生成時に規定数のビットコインが新規発行されます。
    新規発行されたビットコインはブロック報酬と呼ばれ、ブロックを生成したマイナーに付与されます。ビットコインネットワーク始動当初、ブロック報酬は 1 ブロックあたり 50 BTCでしたが、21 万ブロックごと、約 4 年ごとに訪れる「半減期」を経て半減します。これは報酬がゼロになるまで繰り返されます。ブロック報酬がゼロになるまでには、34 回の半減期を経験し、700 万ブロック以上が採掘される予定です。
    2,100 sats
    ピアツーピア(P2P) Peer-to-Peer (P2P) ピアツーピアネットワークとは、参加者が第三者の承認や仲介を必要とせず、直接データをやり取りできるネットワークを指します。ビットコインは相互接続したノードがトランザクションやブロックを中継するピアツーピアネットワークです。ビットコインの所有者は、所有権をピアツーピア方式で他者に直接譲渡できます。ビットコインの送金トランザクションはマイナーが処理しますが、マイナーがビットコインを預かったり、トランザクションを改変して横領することはできません。
    ピアツーピアネットワークは検閲や不正に対する耐性が高いです。ビットコインはその典型と言えます。ビットコインネットワークに参加する数万もの人が、ノードを運用してブロックチェーンの検証やビットコインネットワークの分散性維持に貢献しています。
    ピアツーピアの送金ネットワークには、トランザクションを検閲、凍結、巻き戻しできる仲介者が存在しません。企業や政府が干渉できないという意味で、PayPalや電信送金とは根本的に異なります。既存金融システムの利用者は大半が仲介業者を信用してサービスを利用しています。ビットコインは、利用者が仲介業者などの第三機関を信頼する必要性を排除した点が革新的であると言えます。
    2,100 sats
    ビザンチン障害耐性 Byzantine Fault Tolerance (BFT) ビザンチン障害耐性(BFT)とは、不正や誤情報を識別して拒否できる分散型かつパーミッションレスなシステムの特徴です。ビザンチン障害耐性を有するシステムは、ビザンチン将軍問題を克服するとともに、シビル攻撃に対しても堅牢です。
    誰でも自由に参加して情報を発信できる分散型パーミッションレスシステムにはビザンチン障害耐性が不可欠です。ビザンチン傷害耐性がないネットワークは、参加者が発信する不正な情報を検知、排除できないため、ネットワークの信頼性が担保できません。分散型かつパーミッションレスなビットコインも、誰でも自由にノードを運用してネットワークに参加でき、ブロックやトランザクションをブロードキャストできます。ノードは同一のビットコインをインプットとする2件のトランザクションをブロードキャストして、二重支払いを試みるかもしれません。各ノードが他のノードから受信したデータの有効性を独自に判断できれば、こうした不正は防げます。
    ビットコインネットワークに参加する各ノードは、すべてのトランザクションとブロックを独自かつ客観的に検証できます。つまり、ビットコインにはビザンチン障害耐性があります。あるノードが無効なブロックやトランザクションをブロードキャストしても、他のノードは個別にそれらの有効性を検証し、ブロックチェーンへの登録を拒否します。ビザンチン将軍耐性のおかげで、無効なブロックやトランザクションが弾かれるため、ビットコインブロックチェーンに記録されたデータは常に有効性が担保されています。この明確なデータの有効性が、ビットコインを事実に基づく客観的な規則に基づくネットワークたらしめています。
    2,100 sats
    ビザンチン将軍問題 Byzantine Generals Problem ビザンチン将軍問題は、中央集権的な調整機能や盗聴のおそれのない通信手段がない環境で、複数の関係者がゲーム理論的に安全な方法で合意形成する難しさを指します。この問題を解決するには、すべての関係者が他者を信頼せず独自に事の真偽を判断でき、最終的に集団としての合意に達する方法が必要です。
    例えば、複数の軍隊がビザンチンの包囲に成功したとします。次のステップは、ビザンチンを攻撃するタイミングについて、各隊を率いる将軍間での合意形成です。全隊一致して攻撃できれば勝利しますが、各隊バラバラに攻めれば負けてしまいます。将軍たちが安全に意思疎通できる通信チャネルがあればよいのですが、彼らのやりとりがビザンチン防衛軍に盗聴、妨害される可能性は否定できません。
    ビットコインはプルーフオブワーク機構を実装することで、ビザンチン将軍問題を克服しました。ネットワークに参加する全てのノードは、有効なハッシュという形でプルーフオブワークを含むブロックだけを独自に有効と判断して承認します。これにより、世界中に分散したノードがトラストレス、つまり、信頼できる第三者の仲介なしに合意形成できます。ハッシュはブロックを生成したマイナーが特定の作業を行った事の証明にすぎません。ブロック生成の際に一定の作業を義務付けることで、マイナーが無効あるいは空のブロックを生成してネットワークにスパム攻撃を仕掛けるコストを高めています。さらに、マイナーは有効なブロックを生成して初めてマイニング報酬(送金手数料とブロック生成時に新規発行されるビットコインで支払われるブロック報酬)を手にすることができるため、攻撃するよりも規則を遵守して誠実に行動するインセンティブの方が大きいです。
    2,100 sats
    ビットコイン Bitcoin ビットコインとは、プルーフ・オブ・ワークというコンセンサスアルゴリズムとブロックチェーンという分散台帳を基にしたP2P暗号通貨です。サトシ・ナカモトが2008年10月31日にビットコインの技術概要書(ホワイトペーパー)を発表し、2009年1月3日にビットコインネットワークが始動しました。
    ビットコインの供給は2100万に限られ、発行スケジュールも予め決められています。ビットコインのインフレ率(供給増加率)は4年ことに半減され、将来にゼロになります。この特徴はビットコインに特有です。ビットコイン以外の通貨の供給は上限なく拡大し、インフレ率も予測不能です。
    ビットコインに中央管理体はありません。中央で管理するマスターデータベースの代わりに、各ユーザーがブロックチェーンと呼ばれるデータベースのコピーを保持します。ブロックチェーンには、ビットコインネットワーク上で行われた全ての取引が記録され、ユーザーは第三者に依存することなく、自分のビットコイン残高と取引履歴を検証できます。ビットコインブロックチェーンはデータの新規登録に特化した台帳です。新たなブロックを追加することはできますが、既存ブロックの削除やブロック内のデータの変更はできません。
    ビットコインはプロトコルでもあり通貨でもあります。英語では、bの表記を大文字あるいは小文字にすることで区別します。Bitcoinはビットコインネットワークおよびアセットとしてのビットコインを、bitcoinは通貨を指します。市場で取引されるのはbitcoinです。
    2,100 sats
    ビットコインコア Bitcoin Core ビットコインコアはビットコインソースコードの基準実装です。他の実装のメンテナーはコンセンサスの維持やソフトウェアの更新時にビットコインコアを参照します。ビットコインソフトウェアをダウンロードする人の大半がビットコインコアを選びます。
    ビットコインコアはノードとウォレットを提供しますが、ほとんどのユーザーはノードとしてのみ使用し、ウォレットは第三者のソフトウェアを利用しています。ビットコインコア以外のノードソフトウェアもありますが、コアのシェアは圧倒的です。ノードを運用したい人は、こちらのサイトもしくはGitHubからダウンロードできます。
    ビットコインコアはサトシ・ナカモトにより開発されましたが、以降、メンテナー権限は何度も移管され、多数の改良が加えられました。にも関わらず、最新バージョンはサトシが開発したバージョンとの互換性を保っています。
    ビットコインコアはオープンソースプロジェクトなので、誰でも自由にソースコードを複製、改変できます。ソフトウェア開発者はビットコインを改善したいと思ったら、変更内容を公開し、ビットコインコアへの統合を提案できます。コーディング、コードレビュー、議論には多くの開発者がボランティアとして参加しています。ビットコインコアの改善に取り組む開発者に報酬を支払う組織や機関はありません。彼らを経済的に支えるのは、ビットコイン関連企業や有志の寄付金などです。
    2,100 sats
    ビットコイン改善提案 (BIP) Bitcoin Improvement Proposal (BIP) ビットコイン改善提案(BIP)はビットコインに変更を加えるための正式な提案です。ビットコインのアップグレードやセキュリティ改善策はBIPを介してコードベースに反映されます。SegWit、HDウォレット、PSBTなどのアップグレードは全てBIPとして提案され、レビュープロセスやコミュニティでの議論を経て採用されました。BIPはコードの変更提案に限定されるわけではなく、BIP39のニモニックフレーズによるバックアップのように、ビットコイン関連プロジェクトで使用される標準規格の制定にも使われます。
    バグ修正、コードのリファクタリング、マイナーな効率改善などの小さな変更はBIPではなく、コード変更提案としてコードベースに直接提出されます。
    2,100 sats
    ビットコイン実装 Bitcoin Implementations ビットコインの実装とは、ビットコインノードを実行してビットコインネットワークに参加するためのソフトウェアプログラムのことで、異なるプログラミング言語で書かれた複数の実装があります。ビットコインはオープンソースプロジェクトであるため、誰でも自由にコードの複製や変更、機能の複製ができます。これは、ビットコインの安全性と実用性を低下させるのではなく、むしろ向上させています。
    各実装ごとに機能と設計は多少異なるものの、ネットワークの分岐を避けるため、合意規則は共通です。例えば、ウォレット、トランザクションの種類、コインセレクション、送金手数料の計算方法などは実装ごとに違っても問題ありませんが、ブロック、トランザクション、署名の有効性に関する規則は同じでなければなりません。
    複数の実装があるものの、ユーザー数が圧倒的に多いのは2008年にサトシ・ナカモトが開発した実装であるビットコインコアです。他の実装としては、Libbitcoin、Bitcoin Knots、bcoinなどがあります。
    2,100 sats
    ビットコインノード Bitcoin Node ノードとは他のノードと相互交信してネットワークを形成するコンピュータのことで、中でもビットコインノードは、ビットコイン実装を実行し、ビットコインブロックチェーンのコピーを格納するコンピュータを指します。ビットコインノードはネットワーク内の他のノードとの間で、新規ブロックとmempoolを送受信したり、ブロックやトランザクションを検証します。互換性のあるソフトウェアを実行するノードの間では、コンセンサスが得られます。
    悪意のある、または無計画なコード変更、再構成、およびその他のプロトコル変更からネットワークを守るには、ノード数の確保が不可欠です。
    2,100 sats
    秘密鍵 Private Key 秘密鍵はペアとなる公開鍵(から生成したアドレス)で受け取ったビットコインを送る時に使います。特定の公開鍵(アドレス)に送られたビットコインは、対応する秘密鍵で生成した署名がないと使用できません。秘密鍵を所有する人はビットコインを任意の公開鍵(アドレス)に送ることができるので、秘密鍵は漏洩しないよう安全に保管しなければなりません。一方、公開鍵は公表してもかまいません。
    ビットコインウォレットを使えば、秘密鍵を安全に生成、保管するだけでなく、適切な秘密鍵でのトランザクションへの署名も容易に行えます。
    秘密鍵から公開鍵を導出できますが、公開鍵から秘密鍵を計算することはできません。このような一方向の関数のおかげで、暗号化はビットコインやその他多くの分野で非常に役立っています。
    2,100 sats
    プルーフオブワーク(PoW) Proof-of-Work (PoW) プルーフオブワークはデータの有効性を主張する方法です。ビットコインマイナーは有効なハッシュという形式でプルーフオブワークを提示することで、マイニングしたブロックの有効性を他のノードに示します。プルーフオブワークは、ブロックを生成するマイナーに膨大なエネルギーの消費とコストの支払いを強いることで、(悪意ある攻撃を仕掛けるより、合意規則を遵守して)誠実に行動するインセンティブを高め、結果としてネットワークのセキュリティを担保します。プルーフオブワークは、中央管理体不在の分散型ネットワークが単一の真実という合意に至る唯一の方法であり、分散型通貨システムにとって不可欠です。
    マイナーはプルーフオブワークとして、予め設定された条件を満たすハッシュを見つけてブロックに含めます。ハッシュはランダムに生成される 64 桁の数字です。マイナーは規定条件を満たすハッシュを見つけるために、何十億ものハッシュを計算しなければなりません。有効とされるハッシュの条件は、ビットコインソフトフェアによって定期的に自動変更されます。ネットワークに参加するマイナーが増えると(ハッシュレートが上がると)、条件は厳しくなり(マイニング難易度が上昇し)、有効なハッシュを見つけることが困難になります。マイナーが減ると(ハッシュレートが下がると)、条件が緩和され(マイニング難易度が下がり)、有効なハッシュを見つけやすくなります。アルゴリズムによって条件が定期的に改変されることで、ビットコインブロックの生成間隔が平均 10 分に維持されます。
    2,100 sats
    ブロック Block ブロックとは、ビットコインネットワーク上で行われた取引をまとめたものです。ブロックは時系列的に結びつけられ、ブロックチェーンを形成します。ほとんどのブロックは、約2700の取引が含まれ、サイズは最大4MBです。ブロックがブロックチェーンに追加される条件として、そのブロックのハッシュがビットコインのプルーフオブワークを満たすことと、直前のブロックハッシュを含むことがあります。直前のブロックハッシュを含むことで、後続するブロックを無効化せずにあるブロックを改ざんできないことが保証されます。この特徴は、決定論的で任意なハッシュ関数のお陰です。この過程でビットコインの不変性が生まれます。例えば、もしブロック数400が改ざんされたら、ブロック数400のハッシュが変わってそのブロックのプルーフオブワークが無効になります。加えて、ブロック数401の「前ハッシュ」パラメータはブロック数400のハッシュと一致しなくなり、ブロック数401も無効になります。この変化が波及し、ブロック数401以降のブロックが切り離されます。この特徴は、ブロックがブロックチェーンに追加された時点から、そのブロックと含まれている取引を改ざんできないことを保証します。 2,100 sats
    ブロックエクスプローラ Block Explorer ブロックエクスプローラはブロックチェーンの閲覧と検索が可能なサービスで、誰でも無料で利用できます。ビットコインブロックチェーンは誰もがアクセス可能な公開データベースです。世界各地で運用されているノード数は数万にも達し、その1つ1つのノードが同一のビットコインブロックチェーンのコピーを保持してトランザクションとブロックを検証し、第三者に依存することなく独自に自ら所有するビットコインの残高を確認、証明できます。ノードを運用していない人は、ブロックエクスプローラを使うことで、同様のことを容易に行えます。
    ただし、ブロックエクスプローラの利便性は、プライバシー侵害リスクや、サービスプロバイダーを信用せざるを得ないといったトレードオフを伴います。ブロックエクスプローラのインターフェイスは一般的にウェブサイトであるため、サービスプロバイダーは利用者のIPアドレス、所在地、照会したビットコインアドレスを紐付けることが可能なデータを収集できます。こうした問題を回避するために、利用者が自身のノードでホスティングできる選択肢を提供するブロックエクスプローラもあります。
    ブロックエクスプローラを使ったことがない方は、ぜひBlockstreamのエクスプローラにアクセスしてビットコイントランザクションの全履歴を検索してみてください。ただし、プライバシーの観点から、自分のアドレスの照会はやめておきましょう。
    2,100 sats
    ブロックサイズ Block Size ブロックサイズは1ブロックに格納可能なデータ量をバイトで表したものです。マイナーは生成するブロックにブロックサイズの上限を超えるデータを含めることはできないため、1ブロックに取り込めるトランザクション数には限りがあります。
    この制限があることで、ブロックチェーンのデータ量が急増して、個人によるノード運用のコストが上昇することを防いでいます。マイナーがトランザクションの件数ではなくデータ量を基に送金手数料を徴収する理由もブロックサイズの上限にあります。マイナーにとって重要なのは、1ブロックあたりの送金手数料の合計の最大化です。
    SegWit導入前はブロックサイズの上限は1MBでしたが、SegWit導入を機に、ブロックサイズがデータサイズではなくデータ量で測定されるようになったため、現在では1ブロックあたりの上限は約4MBとされています。
    2,100 sats
    ブロック高 Block Height ブロックチェーンは、不変性のある時系列的に結びつけられたブロックをまとめたものです。起源ブロックは0で、その次のブロックも昇順に番号を付けられています。この番号はブロック高さと言います。現在のブロック高さは、単にブロックチェーンの総ブロック数から1を引いた数字になります。ブロック高さは、ブロックチェーンにある時点の参照として使えます。例えば、ビットコインの半減期は、特定のブロック高さ(210,000ブロックごと)で起こります。また、ビットコインのトランザクションを特定のブロック高さまでタイムロック(保留)できます。 2,100 sats
    ブロックチェーン Blockchain ブロックチェーンはビットコインの基礎となるデータ構造であり、その名が示すように、ブロックを(時系列順に)チェーン(鎖)のように連ねたデータベースです。それぞれのブロックにはデータが格納されており、ビットコインブロックチェーンのブロックには、ビットコインの送金時に作成されるトランザクションが含まれています。ブロックチェーンはネットワーク上で行われた全てのトランザクションを記録するデジタル台帳で、各ブロックはネットワークのステートを更新するために台帳に追加される新しいページのようなものです。ビットコインブロックチェーンは公開されており、誰でも自由に閲覧可能です。ネットワークを構成する何千ものノードには、同一のブロックチェーンのコピーが保存されています。これがビットコインブロックチェーンが分散型台帳と呼ばれる所以です。ブロックチェーンの特徴の1つに改ざん耐性、すなわち、一旦記録されたデータの変更が非常に困難であることが挙げられます。ブロックチェーンに追加されたブロックの後ろには、一定間隔(ビットコインの場合は約10分間隔)で新たなブロックが次々と追加されます。後続のブロックが増えるほど、古いブロックに含まれるデータの変更は難しくなり、最終的には事実上不可能になります。 2,100 sats
    ブロック報酬 Block Subsidy ブロック報酬とは、ブロックがブロックチェーンに追加される時に新規発行されるビットコインのことで、ブロックを生成したマイナーに付与されます。ブロック報酬として新規発行されるビットコインの数量は、ソースコードに記載されたアルゴリズムによって予め決められています。ネットワーク始動時は1ブロックあたり50BTCでしたが、21万ブロック、およそ4年ごとに半減します。
    ブロック報酬は、新規発行されたビットコインを流通させる方法であると同時に、マイナーによる誠実な行動と有効なブロック生成を奨励するインセンティブでもあります。ブロック報酬は、各ブロックのコインベース・トランザクションとしてマイナーに送金されます。各ブロックの最初のトランザクションであるコインベース・トランザクションにはインプットがありません。コインベース・トランザクションのアウトプットは、100ブロック経過しないと使えないよう設計されているため、マイナーは獲得したブロック報酬を100ブロック経過後に初めて送金できます。
    各ブロックには多くのトランザクションが含まれ、各トランザクションはマイナーにブロックに取り込んでもらうべく送金手数料を支払います。ブロック内のトランザクションが支払う送金手数料の合計とブロック報酬を合わせてマイニング報酬と呼びます。ブロック報酬は約4年ごとに半減するため、マイニング報酬に占める送金手数料の比率は徐々に高まり、2,100万ビットコインが発行された後は、マイニング報酬イコール送金手数料となります。
    2,100 sats
    不変性 Immutability Bitcoin maintains a high level of immutability on two levels. Firstly, Bitcoin’s consensus protocol is resistant to change, and the core aspects of the protocol, most importantly Bitcoin’s strict monetary policy, can never be changed. This immutability is enforced by the tens of thousands of Bitcoin nodes who independently run the same code and agree to the same ruleset. No single party, neither miners, nor governments, is able to change Bitcoin’s consensus rules without convincing these tens of thousands of nodes to agree to their proposed changes. This immutability gives institutional and retail investors faith in Bitcoin’s scarcity and longevity. Secondly, Bitcoin’s blockchain is immutable in the sense that its history cannot be easily rewritten. This allows merchants to trust Bitcoin payments more easily than fiat payments. Bitcoin’s blockchain is append-only, meaning that once a block is embedded in the chain, it is practically infeasible to remove or alter it. This makes Bitcoin’s history immutable. This property is enforced by the SHA-256 hash function. When a miner hashes a block hoping to find a valid hash, the hash of the previous block is included in that block. Thanks to the properties of a hash function, if the hash of the previous block changes, this will change the current block’s hash, invalidating the Proof-of-Work and thus the entire block. For example, if the blockchain has 500 blocks, Block #400’s hash will include Block #399’s hash. If a single piece of Block #399 is altered, Block #399’s hash will change, causing Block #400’s hash to change and so on, all the way until Block #500. Every block after #399 will be invalidated. This trait prevents anyone from altering a block once it is part of the blockchain without completely rebuilding the blockchain. Bitcoin’s immutability is neither absolute nor unassailable. If an attacker were to control a majority of all computing power on the bitcoin network, they could alter past blocks in what is called a 51% attack. It is imperative that Bitcoin maintain a significant and decentralized hash rate in order to keep the cost of such an attack beyond the means of any entity. 2,100 sats
    プロトコル Protocol A protocol is governed by a set of rules which define the behavior of a network. The Bitcoin protocol has many rules dictating its use, similar to a constitution. Rather than relying on a central entity like a Supreme Court or a CEO, all nodes in the Bitcoin network enforce the entire ruleset. The Bitcoin protocol uses a blockchain based on Proof-of-Work and a token (bitcoin) in order to establish a peer-to-peer monetary network. 2,100 sats
    法定通貨 Fiat Currency Fiat currency is money that is declared to have value despite a lack of intrinsic value. An item has intrinsic value if it still has value if it isn’t being used as a form of money. Creating a fiat currency requires a central authority to control the currency and maintain its supply. Most modern governments use fiat currency as the primary money of their economy. An alternative to fiat currency is commodity money. Commodity money is an asset with intrinsic value that is also used as a form of currency. This is commonly an asset that can be consumed or used for construction. However, commodity money is generally harder to transact with due to inferior portability, divisibility, or durability. Finally, a currency could be representative money. Representative money does not have intrinsic value on its own, but it can be exchanged for something that does. For example, a currency that can be exchanged for barley would be representative money. 2,100 sats
    フォーク Fork A fork is a change to a protocol or a piece of code. Forks are usually introduced to upgrade a project. In the open source community, forks exist because many individuals choose to download and run the same software at different times and do not always update. If two users download and run version 1 of a software, and only one user upgrades when version 2 is released, the user who updated is running a fork of version 1. This could become a problem in a system like Bitcoin, where consensus is critical to knowing how much money one has. If nodes run different software with different rulesets, some nodes may approve of some transactions or blocks while other nodes do not. The network would fracture, and the ultimate truth upon which the Bitcoin network agrees, the decentralized ledger, would be destroyed. This is why Bitcoin development must remain cautious and conservative. There are essentially two types of forks: soft forks and hard forks. Soft forks do not break compatibility between the old version and the new version and thus do not require all nodes to upgrade; they are backwards compatible. Hard forks are not backwards compatible and thus require all nodes to upgrade. Hard forks are avoided at all costs within the Bitcoin community, while soft forks are strongly preferred. When a project experiences a hard fork, and many members choose to follow the fork while many others do not, a network can split in two. This has occurred several times as projects have attempted to branch off from Bitcoin and change consensus rules. These rogue projects are called forks, but they are no longer a part of the original Bitcoin project or network. While forks cause social friction and confusion, they do not harm the Bitcoin network on a protocol level. 2,100 sats
    ホットウォレット Hot Wallet ホットという用語は、外部、特にインターネットに接続されたデバイスを指します。ホットウォレットとは、インターネットに接続された(スマホやPCにインストールした)ビットコインウォレットのことで、日々の支払いには便利ですが、コールドストレージに比べて安全性は劣ります。インターネット接続デバイスは、マルウェアの標的になりやすいためです。多額のビットコインを保管するウォレットは、インターネット接続は最小限に抑え、なるべくオフラインにしておく方が安全です。 2,100 sats
    ボルト (BOLT) Basis of Lightning Technology (BOLT) BOLT(Basis of Lightning Technology)はライトニングネットワークのコンセンサスルールおよび規格を記述した仕様です。
    BOLTによって確立された規格によりLNDやc-lightningなどの異なるライトニング実装が統合され、ネットワークを形成することができます。
    ライトニングネットワークの発展とともにBOLTは修正・改良されていきます。
    2,100 sats
    ホワイトペーパー Whitepaper A whitepaper introduces a new idea or topic for discussion. The Bitcoin whitepaper introduced Bitcoin as a “Peer-to-peer electronic cash system” which “required no trusted third parties”. Satoshi Nakamoto released the whitepaper on October 31, 2008 to an email list of cryptographers and cypherpunks. You can read the full whitepaper here. 2,100 sats

    コンテンツの著作権は River Financial に帰属します。二次利用の可否は権利者にご確認ください。 / All rights reserved to River Financial.