コンテンツへスキップ

用語集

    日本一充実したビットコイン用語集を作りたい!

    River Financial の Bitcoin Glossary をベースに、日本語のビットコイン用語集を構築中です。用語集作りに参加して、ビットコインを稼ぎませんか?

    以下の英語の用語説明を日本語にしてください。忠実な翻訳でなくて構いません。AI翻訳にかけて内容を理解した上で、ご自身の言葉で説明してください。

    日本語の提案はGitHubでプルリクエストとして受付中。プルリクエストがマージされたら、報酬をライトニング⚡️送金します。
    提案手順はこちらの「2. 用語集の用語説明の提案手順」をご参照ください。

    --

    ビットコイン用語集

    索引           英数字

    --

    用語 英語表記 説明 報酬
    難易度 Difficulty The difficulty is a measure of how hard it is to mine a block. In order to mine a block, miners must provide Proof-of-Work in the form of a valid hash of the block they intend to publish. A hash is essentially a large number, and for a hash to be valid, it must be smaller than a defined target number. This target number determines the difficulty of mining and is set by Bitcoin’s ruleset. This difficulty is dynamic: it updates every 2016 blocks—roughly 2 weeks—to ensure Bitcoin blocks come in roughly every 10 minutes. If more miners join the network and mine blocks at a faster rate, difficulty will rise. If miners stop mining, and blocks arrive slower than every 10 minutes, difficulty will fall. The difficulty therefore directly follows the trend in hash rate of the network. In a technical sense, the Bitcoin network sets the target rather than the difficulty. All valid Proofs-of-Work must be below this target. The difficulty then, is simply the inverse of the target. If the target is raised, this makes it easier for miners to find a hash below the target, so the difficulty has been lowered. Likewise, if the target is lowered, the difficulty has been raised. The target is encoded as a part of each block header and is called the ‘bits’ of a block. This allows nodes to directly verify whether the Proof-of-Work provided for a block is lower than the target. 2,100 sats
    二重支払い Double Spend A double spend occurs when someone is able to spend the same money twice, fooling one or more parties into believing they have been paid. Digital objects like files and text are easy to duplicate. However, duplication is not a desirable trait in money. This is the double spend problem: how can a receiver of digital money be sure that the money they were sent was not simultaneously sent to someone else? How can all members of a monetary network be sure others are not duplicating their money at will? Bitcoin solves the double spend problem by using a decentralized ledger which all users can access. When one user sends bitcoin to another, they destroy the coin they own and create a new coin owned by the receiver. The destruction of the sender’s coin is recorded for all to see, so that they can never send it to someone else. 2,100 sats
    ニモニック Mnemonic ニモニックフレーズはシードフレーズやリカバリーフレーズとも呼ばれる、ウォレットのバックアップに使用する 12 または 24 の単語のリストで、HDウォレット(階層型決定性ウォレット)の全ての秘密鍵を生成できるシードを表します。
    ニモニックフレーズは、BIP 39 によって導入され、多くのウォレットが実装しているビットコインの標準規格です。ほとんどのウォレットでは、ニモニックフレーズの最後に、ユーザーが独自のパスフレーズを追加してセキュリティをさらに高めることができます。
    ニモニックの単語は、定義された 2048 単語の中から選択されます。12 または 24 の単語を組み合わせて作成した有効なニモニックフレーズがあれば、シードから生成された全ての秘密鍵を復元できます。2048 単語から特定のニモニックフレーズを見つけられる確率は、2048^24 分の1(= 2.96 x 10^79 分の1)と極めて小さいです。
    2,100 sats
    ノード Node ビットコインノードを参照 2,100 sats
    ノンカストディアル Non-Custodial ノンカストディアルソリューション(セルフカストディアルソリューションとも言います)は、秘密鍵を第三者に預けるのではなく、ビットコイン所有者自らが管理する保管方法です。
    ビットコイン(の所有権証明である秘密鍵)を自己管理すれば、第三者にトランザクションを検閲されることはありません。そのため、取引所などのカストディサービス提供者や政府にビットコインを没収されるリスクとプライバシーを侵害されるリスクを回避できます。
    ただし、秘密鍵の管理には責任が伴います。ビットコインを自己管理する場合、万が一秘密鍵にアクセスできなくなっても、誰もあなたを助けることはできません。秘密鍵のコピーを複数作成して別の場所に分散保管、複数のウォレットで分散管理、マルチシグの使用などの対策を講じることで、セルフカストディソリューションのセキュリティを強化できます。
    2,100 sats

    コンテンツの著作権は River Financial に帰属します。二次利用の可否は権利者にご確認ください。 / All rights reserved to River Financial.