コンテンツへスキップ

用語集

    日本一充実したビットコイン用語集を作りたい!

    River Financial の Bitcoin Glossary をベースに、日本語のビットコイン用語集を構築中です。用語集作りに参加して、ビットコインを稼ぎませんか?

    以下の英語の用語説明を日本語にしてください。忠実な翻訳でなくて構いません。AI翻訳にかけて内容を理解した上で、ご自身の言葉で説明してください。

    日本語の提案はGitHubでプルリクエストとして受付中。プルリクエストがマージされたら、報酬をライトニング⚡️送金します。
    提案手順はこちらの「2. 用語集の用語説明の提案手順」をご参照ください。

    --

    ビットコイン用語集

    索引           英数字

    --

    用語 英語表記 説明 報酬
    耐久性 Durability Durability is the ability of a good to retain its original state overtime. In order to be considered durable, a good must be difficult to damage or alter. Durability is a necessary property of money because the money must be able to sustain its value over time. For this reason, beans, shells, livestock, or other objects previously used as money did not succeed overtime because they were not durable. Likewise, gold emerged over other metals due to its durability: gold neither rusts, corrodes, or tarnishes. 2,100 sats
    代替性 Fungibility Fungibility is a property of goods which are interchangeable and indistinguishable. For example, pennies are all worth $0.01 and ownership of one penny is not preferable over any other penny. Fungibility is a desirable property for Bitcoin in order to maximize Bitcoin’s utility for individuals. If certain bitcoin are considered tainted, perhaps because of past ownership by criminals, those bitcoin could be deemed less valuable by regulated merchants or exchanges. Merchants could be required to check each bitcoin received to ensure they were not tainted. These restrictions would place immense burdens on consumers, merchants, and exchanges, discouraging adoption of Bitcoin. Privacy mechanisms such as CoinJoins attempt to ensure that bitcoin remains fungible in the future by providing a secure way of obscuring the past ownership of certain bitcoin, rendering the concept of taint unusable. 2,100 sats
    タイムロック Timelock A timelock allows a Bitcoin transaction to be created such that the recipient of the outputs cannot spend them for a specified time. The amount of time can be specified by either block height or Unix timestamp. The timelock is specified in a dedicated part of each transaction. However, most transactions simply leave the timelock blank to avoid using this functionality. Timelocks are useful for creating Hashed Timelock Contracts (HTLCs), which drive the Lightning Network. 2,100 sats
    ダスト Dust If a piece of bitcoin, called a UTXO, is small enough, it may cost more in fees to spend it than it is worth. As fees rise, more and larger amounts of bitcoin may become dust. To avoid bitcoin turning into dust, it is a good practice to consolidate very small amounts of bitcoin into a single larger amount at a time when bitcoin fees are low. 2,100 sats
    ダスト攻撃 Dust Attack Occasionally, attackers will send tiny fractions of bitcoin, around 500 sats, to random wallets. If the owner of the wallet does not notice, they may inadvertently include this piece of dust in their next transaction, leaking information about which bitcoin they own to the attacker. A dust attack is like placing a tracking device on a victim, allowing the attacker to view where the victim travels, or in this case, which bitcoin the victim owns. High quality wallets do their best to disallow users from including dust in their transactions in order to protect them from such attacks. If you notice tiny amounts of unsolicited bitcoin being sent to your wallet, you should not spend them as part of a transaction with other pieces of bitcoin. A dust attack only works if the victim spends the dust along with other UTXOs they own. 2,100 sats
    タップルート Taproot Taproot is currently a proposed upgrade to Bitcoin which would introduce several new features. The Taproot upgrade is described in BIPs 340, 341, and 342, and introduces the Schnorr signature scheme, Taproot, and Tapscript. Together, these upgrades introduce new, more efficient, flexible, and private ways of transferring bitcoin.The Schnorr signature scheme is more efficient, secure, and quicker to verify than Bitcoin’s original digital signature scheme, ECDSA. Additionally, Schnorr signatures enable MuSig, a more efficient form of multisignature which would greatly increase the privacy and fee rate paid by multisig transactions.Taproot will enable sending to and spending from Schnorr public keys as well as enabling bitcoin to be sent to multiple scripts at once. In order to achieve this, a new type of ScriptPubKey called Pay-to-Taproot (P2TR) will be defined. The addresses for these scripts will use SegWit v1 and Bech32 encoding. 2,100 sats
    チェンジ・アウトプット Change Output Bitcoin does not use accounts and balances. Instead, pieces of bitcoin, called UTXOs, are owned by individuals. These can be likened to physical bills in that when they are spent, they will usually require change to be given as their amount will almost never match the amount being paid. When a user creates a transaction, they select an input, a UTXO which they own, and create outputs. One output will go to the receiver’s address and the other output will be returned to the sender’s wallet, usually via a different address. The amount for this second output will be the change, which will amount to the sum of the inputs minus the amount spent in the first output and the transaction fee. 2,100 sats
    チェーン分析 Chain Analysis Chain analysis uses heuristics to analyse the blockchain and trace the ownership of bitcoin across transactions. Several companies exist solely to track and deanonymize individuals and their bitcoin using these heuristics. These companies sell their analysis to financial institutions and governments who are attempting to prevent fraud, money laundering, and other illegal activities. Chain analysis is a broad term, and should not be confused with the company called Chainalysis. 2,100 sats
    匿名性 Anonymity 匿名性とは、任意の人物の身元が不明な状態を指します。公の場での言動には、本名ではなく仮名を使います。インターネット全盛期の今、匿名性の確立と保持は非常に難しいです。銀行口座の開設、電話会社との契約、雇用契約からソーシャルメディアの利用に至るまで、身分証明の提出が求められます。
    ビットコインブロックチェーンには匿名性はありませんが、利用に身分証明書の提示は不要です。氏名、住所、電話番号などの個人情報は取引情報に含まれません。アドレス、公開鍵、署名のみがブロックチェーンに記録されます。アドレスだけでビットコインの保有者を特定することはできませんが、ブロックチェーンを分析するための様々なツールを使えば、政府や企業がアドレスとビットコイン保有者の個人情報と紐づけることは可能です。
    2,100 sats
    トランザクション Transaction トランザクションはビットコインの移動の記録です。全てのトランザクションはブロックチェーンのブロックの中に記録されます。ほとんどのユーザはビットコイントランザクションを送ったり、受け取ったりするのにウォレットを使います。ウォレットがバックグラウンドで技術的な作業を行うので、ユーザはアドレスと金額を簡単に指定できます。
    準備が整うとトランザクションはビットコインネットワーク上のノードにブロードキャストされます。マイナーがトランザクションをブロックに追加するまでの間、ノードはトランザクションをmempoolに保持します。mempoolは承認が保留されているトランザクションのプールです。承認されると、トランザクションはブロックに追加されます。トランザクションが確定したとみなすときの安全な方法は、少なくとも6ブロック経つまで待つことです。
    トランザクションは、3つのパートで構成されます。インプット、アウトプット、署名です。インプットは支払者が使うと決めたUTXOと呼ばれるビットコインの一部です。アウトプットは指定されたアドレスに指定された金額のビットコインを送り、新しいUTXOを作ります。ひとつのトランザクションは複数のインプットと複数のアウトプットを持つことができます。最後に、トランザクションを有効にするために、支払者はトランザクションに署名しなければなりません。これにより、支払いに使うインプットが自分のものであることを証明します。この署名は支払い者の秘密鍵を使って作られます。
    トランザクションの例を見てみましょう。アリスが1BTCのUTXOを持っていて、ボブに0.4BTC払いたいとします。彼女はインプットとして1BTCのUTXOを使います。アリスは2つのアウトプットを作ります。1つ目はボブへ送る0.4BTC、2つ目は彼女自身への0.59BTCのおつりとなるアウトプットです。この例では、0.01BTCがトランザクション手数料として支払われます。トランザクション手数料はアウトプットではありません。インプットの合計(1BTC)からアウトプットの合計(0.4+0.59=0.99)引いたものであり、これはマイナーのものになります。
    最後に、アリスはトランザクションをブロードキャストする前に、インプットのUTXOを制御できる秘密鍵でトランザクションに署名します。このトランザクションがブロックチェーンに追加されると、1BTCのUTXOは削除されて、新しく0.4BTCと0.59BTCのUTXOが生成されます。0.4BTCのUTXOはボブが、0.59BTCのUTXOはアリスが所有します。
    2,100 sats
    トランザクションID(TXID) Transaction ID (txid) トランザクションID(TXID)とはブロックチェーン上で特定のトランザクションを識別するための英数字から成る文字列です。この文字列はトランザクション全体に2回SHA-256を適用して生成したハッシュで、ノードやブロックエクスプローラーでトランザクションを検索する時に使います。
    Segwit以前のトランザクションでは、承認前にインプットの一部や署名を書き換えても、トランザクションとして有効となる改変方法があります。インプットや署名を書き換えるのでTXIDは変化しますが、トランザクション自体は有効なので承認されます。これはトランザクション・マリアビリティという特性によるものです。SegWitトランザクションでは、改変可能なインプットや署名をTXID生成の対象外としたため、TXIDが承認前後で変わることはなくなりました。
    2,100 sats

    コンテンツの著作権は River Financial に帰属します。二次利用の可否は権利者にご確認ください。 / All rights reserved to River Financial.