コンテンツへスキップ

用語集

    日本一充実したビットコイン用語集を作りたい!

    River Financial の Bitcoin Glossary をベースに、日本語のビットコイン用語集を構築中です。用語集作りに参加して、ビットコインを稼ぎませんか?

    以下の英語の用語説明を日本語にしてください。忠実な翻訳でなくて構いません。AI翻訳にかけて内容を理解した上で、ご自身の言葉で説明してください。

    日本語の提案はGitHubでプルリクエストとして受付中。プルリクエストがマージされたら、報酬をライトニング⚡️送金します。
    提案手順はこちらの「2. 用語集の用語説明の提案手順」をご参照ください。

    --

    ビットコイン用語集

    索引           英数字

    --

    用語 英語表記 説明 報酬
    マイニング Mining マイニングとは、新しいブロックを1つずつ追加してブロックチェーンを構築するプロセスです。まず、マイナーはmempoolから未承認のトランザクションを集めてブロックを作ります。これは比較的簡単な手順です。次に、マイナーはブロックの有効なハッシュを検索します。 この検索作業はプルーフオブワークと呼ばれ、本質的にはエネルギー集約型の推測ゲームです。
    マイナーは有効なハッシュを見つけると、そのブロックをネットワークに送ります。マイニングにより新規発行されるビットコインは、この有効なハッシュを見つける作業の対価としてマイナーに支払われます。この新規発行されるビットコインはブロック報酬と呼ばれ、マイナーが莫大なエネルギーを必要とするプルーフオブワークの経費をカバーするのに役立ちます。
    有効なハッシュを見つける最善の方法は、試行錯誤、つまり、ハッシュ計算と、その有効性チェックを繰り返すことです。このため、マイナーは最小限の時間とエネルギーで最大限のハッシュ計算を試みます。ハッシュを計算する速度をハッシュレートと呼び、1秒間に計算できるハッシュの回数で表します。
    全てのビットコインマイナーのハッシュレートの合計から、攻撃者が51%攻撃するために掌握する必要があるハッシュレートが計算できます。このため、ハッシュレートはビットコインのセキュリティを左右する重要な指標です。
    この有効なハッシュを探すプロセスがマイニング(採掘)と呼ばれるのは、金の採掘と同様に、新しいビットコインを採掘するコストがビットコインのコストとほぼ同じためです。 言い換えれば、誰も無から新しいビットコインを発行することはできません。
    2,100 sats
    マイニングプール Mining Pool The mining industry has several economies of scale, due to energy costs, capital costs, regulatory capture, and intricacies of Proof-of-Work. Thus, miners pool their resources and split the rewards. Mining pools allow smaller miners to smooth their returns and lower their risk instead of mining for very rare, exorbitant returns. When a member of a pool finds a valid block, they split the rewards with the rest of the pool based on each member’s hashrate contribution. Operators of mining pools typically collect a fee for their coordination services. 2,100 sats
    マイニング報酬 Block Reward The block reward is a combination of the block subsidy and all transaction fees paid by transactions in a specific block. When miners mine a block, they receive a block subsidy in the form of newly minted bitcoin. All transactions also include a fee, which miners collect. The block reward is the sum of these two amounts. As block subsidies are cut in half every four years, fees will slowly become a greater portion of the block reward. The term block reward and block subsidy are occasionally used interchangeably. The block reward is paid out in the coinbase transaction of each block. This special transaction is the first transaction in every block, and it has no inputs. The output of a coinbase transaction cannot be spent for 100 blocks, so miners can only spend their block reward after a 100 block cooldown. 2,100 sats
    マリアビリティ Malleability Transaction malleability is the ability of a transaction to have multiple valid IDs (txids). Malleability occurs when a part of a transaction can change after the transaction has been signed without invalidating the signature. Since a txid is a hash of the transaction, any change to the transaction will result in a change of the txid. However, changes that alter the txid and invalidate the signature are not a concern; only changes which alter the txid and do not invalidate the signature raise malleability concerns. Malleability is a problem for developers and users who want to reference a previous transaction in a spending transaction before the previous transaction has been confirmed on the blockchain. This problem arises because, in order to spend an output created by a previous transaction, the spending transaction must reference the txid of the previous transaction. If this txid can change, the reference will fail, and the spending transaction will be rendered invalid. A transaction can be malleated in two ways. First, after being signed, additional data can be added to a ScriptSig. Secondly, the signature itself, which is contained within the ScriptSig, can be changed. These options are both possible because a signature cannot sign itself.Eliminating transaction malleability was achieved by the SegWit upgrade, enabling more innovation on top of Bitcoin, including the Lightning Network and Taproot. SegWit eliminated transaction malleability by moving the ScriptSig—the transaction signature and the malleable part of the transaction—from the main body of the transaction into a separate Witness section. 2,100 sats
    マルチシグ Multisig A standard bitcoin transaction sends bitcoin to an address. This bitcoin can then be spent by the private key to which it belongs. However, bitcoin can also be sent such that it requires multiple signatures from different private keys. In this way, funds can be jointly held by a family, business partners, corporate boards, or any collective. Multisig setups are typically described as m-of-n, wherein the signatures of at least m private keys are required, and these private keys must correspond to any of the n defined public keys. For example, in a typical “2-of-3” setup, three public keys will be defined, and signatures from any two of the corresponding private keys are sufficient to unlock and spend the bitcoin. Most multisig transactions are executed as P2SH transactions, so the address will begin with a “3”. In these cases, the exact script determining which keys are required is not exposed to the blockchain until the bitcoin has been spent. This means that the receivers of the bitcoin, those whose keys formed the multisig address, must remember the setup in order to spend the bitcoin. This setup is called the RedeemScript, as it allows the bitcoin to be redeemed and spent. Let’s walk through an example: Alice, Bob, and Charlie want to start a company and hold joint custody of some bitcoin. To ensure that one of them cannot steal the collective funds, Alice, Bob, and Charlie share one public key each. They also decide that they will run their company based on majority rule. Thus, any two signatures are sufficient to spend their shared bitcoin. This requirement of two signatures coming from any of the three public keys, is translated to form a script, which is hashed to yield the address to which all three partners will send their contributions to the company fund. This set up would be described as a 2-of-3 multisig. 2,100 sats
    ミキシング Mixing A mixing service, sometimes called a mixer or a tumbler, accepts bitcoin deposits and sends different pieces of bitcoin back to the user in the same amount. When done properly, this effectively obscures ownership of the bitcoin and allows users to privatize their bitcoin. Mixing services have run into legal disputes and several have been shut down and charged with money laundering. This is because mixing services, unlike CoinJoin services, take custody of user funds. 2,100 sats
    未使用トランザクションアウトプット(UTXO) UTXO 未使用トランザクションアウトプット(UTXO)とは一定額のビットコインの固まりです。
    ビットコインでは口座や口座残高という考え方をしません。各個人がブロックチェーンにちりぢりに記録されているUTXOを保有・管理します。UTXOはビットコイントランザクションにてインプット・アウトプットで使用される単位です。
    UTXOはトランザクションで使用されると破棄され、1つまたは複数の新しいUTXOが作成されます。すべてのノードはUTXOセットと呼ばれるブロックチェーンに存在する全てのUTXO情報を持っており、承認済みトランザクションがUTXOを生成・破棄するたびに更新されます。この仕組みによって各ノードはトランザクションが使おうとしているビットコインが有効かどうかを個別に検証することができます。
    UTXOは現金に類似しており、UTXO使用時にチェンジ(邦訳:おつり)アウトプットが必要となる事が多いです。例えばアリスはボブに1BTCのUTXOから0.4BTCを支払いたい場合、アリスはインプットとして1BTC全てを使わなければなりません。0.4BTCはボブ、0.59BTCは自分(おつり)、残りの0.01BTCで送金手数料を支払ったものとします。この取引でUTXOが1つ消費され、新たに2つ作成されます。支払った送金手数料はアウトプットにならないことに注意してください。送金手数料はインプットの1BTCからアウトプットの合計0.99BTCの差額になります。マイナーはトランザクションから送金手数料を計算し、マイナー自身の報酬となるようにコインベース・トランザクションのアウトプットに含めます。
    2,100 sats
    メンプール(メモリープール) Mempool mempool (メンプール、メモリープール) は各ノードが保持する未承認あるいは保留中トランザクションから成るデータベースです。mempoolにあるトランザクションは、ブロックに取り込まれるとmempoolから削除されます。
    mempoolは各ノードが持ち、ノード間で署名済みトランザクションを相互中継することでmempoolデータを共有します。つまり、ビットコインネットワークには、全てのノードが参照するマスターmempoolのようなものは存在しませんし、全ての未承認あるいは保留中トランザクションを集めたmempoolを保持するノードもおそらくありません。
    マイナーは自ら運用するノードのmempoolから未承認トランザクションを取り出してブロックに含めます。
    2,100 sats

    コンテンツの著作権は River Financial に帰属します。二次利用の可否は権利者にご確認ください。 / All rights reserved to River Financial.